ファンタジスタ式最大反撃、始めました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めましての方もそうでない方もこんばんは。ファンタジスタ店長です。

縁あって最大反撃プロジェクトに寄稿させて頂くことになりました。

ゲームセンター経営者でもありプレイヤーでもある視点で、ゲーセンの今、特に地方ゲーセンにおける今をお伝えできればと思ってます。

 

初回なので、まずはファンタジスタの紹介などしてみたいと思います!

ファンタジスタとは岡山県のゲームセンターである。

オープンは2002年4月6日。

場所は岡山県倉敷市の西端にある玉島地区。倉敷は全国的にも有名ですが、玉島と言う地名にはピンと来ない方がほとんどでしょうね。

現在の倉敷市は昭和42年に倉敷・玉島・児島の3つの市が合併したもので、玉島という土地は倉敷とは別の独自の商圏を形成してたりします。

もともと市であった玉島地区は岡山県で3番目に大きい市である津山市とほぼ同じ人口を抱えてるにも関わらず、ゲームセンターというものが存在してませんでした。

僕の世代はゲーム業界とともに成長してきた世代。小学校時代にファミコン、中学時代にPCエンジン・ゲームボーイ、高校時代にスーパーファミコン・メガドライブ、大学時代にプレイステーション・セガサターンと、家庭用ゲームを総ナメで、道を踏み外すための環境は完璧。

アーケードではストⅡやネオジオを中心とした対戦格闘ゲームブームが僕らの青春のド真ん中。ハイスコアガールの風景がそのままあった時代を過ごしました。大野さんや日高さんみたいな子はいませんでしたけど(笑

ストⅡの洗礼を受けた一人のゲーマーがゲーセンのない町にゲーセンを作りたい、みんなに対戦格闘ゲームを楽しんでもらい、自らも楽しみたい。そんな想いを詰め込んで出来たゲームセンター、それがファンタジスタなのです。

ファンタジスタ入り口

 ファンタジスタ入り口(年季を感じますが平成オープンです!)

ファンタジスタの現在の稼動タイトルラインナップはこんな感じ

ほとんどが対戦格闘でビデオゲームは80台ほどあります!最新音ゲーも頑張って導入してます。中にはビートマニアⅢFINALや、アイドルマスターのような貴重な筐体もあったりします。是非遊びに来てください!

 

ジスタ店長

ファンタジスタ店長近影。ムラタ式最大反撃を飲めば休みなしでも頑張れる!

ファンタジスタは完全なる個人経営。2002年の開業以来1日も休みはないけど、全然ブラックじゃありません、ホワイトホワイト。むしろ透明、クリアーです。たくさんのプレイヤーの笑顔に囲まれて充実した日々を過ごしてます!

と言ったところで今回はこれくらいで。またお会いしましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA