EVO】何故マタドールにサポートしたか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVO2015開催が目前に迫っております。
小出しに最大反撃プロジェクトのツイッターでは告知しておりましたが去年に引き続き、選手をサポートいたしました。
その人は鉄拳プレイヤーのマタドールさんです。

鉄拳というゲームコミュニティーの特性として他のゲームと交わらない人が多いので知らない方もいると思うのですが、鉄拳のプレイヤーのトップクラスの方です。
彼をサポートすると決めてから、彼とコントのような事をしたり、はたまた本気で挑んでみたりとプロモーションをしましたが何故彼をサポートしたかを書きます。
※マタドール対ムラタ式10先とまとめ参照

特別な理由ではない。

何故彼をサポートしたか。

それは彼が鉄拳が強いからか?

立ち回りがヒールだからか?

脅されたからか? 笑

最大反撃仮面が鉄拳が好きだからか?
どれも十分な条件ではありません。
では何を持って判断したかという事ですが
答えは「マタドールがムラタ式を勝手に宣伝したから」

です。
もう少し噛み砕いて説明していきます。
マタドール選手は去年のEVOにどぐら選手にサポートしたムラタ式を見て
「ムラタ式さーんマタドールのシャツ真っ白ですよー!」
等の、ツイートを事あるごとにしていました。

そしてムラタ式をお勧めすべく「疲れたこんな日はムラタ式飲んで元気出すかー」(飲んでないけど 笑)とツイートしたり
自身のツイッターを告知媒体として活用してました。これはつまり「自分の媒体力をもってムラタ式にメリットを示した上で、自分の欲しいメリット(サポート)と交換しよう」というアピールでした。
この行動は最大反撃サイドからすると「マタドールにサポートするとちゃんと宣伝してくれる人なんだな」ということが明確にわかったという事です。

スポンサーを受ける場合の第一義はスポンサーを宣伝する事というのは他のスポーツでは当たり前のことで、わかりやすいのはスノボの板なんかは勝ったら絶対アピールしますよね。
それを果たせる人間かどうかまずそこが大事だと思います。
その上で、ストリーミングの試聴数、ツイッターのフォロー数等広告媒体としての効果を考えます。
強さ弱さという価値基準は「それによって広告効果が生み出されるか?」のものさしではありません。
例えばゲームが弱くてもなんだか面白くてニコ生の試聴数が毎回1万超えてツイッターのフォロワーが10万人位いたらお仕事お願いする価値はあります。
はっきり言うとマタドールさんの広告効果は判断には満たない物です。もっと有名になればええなと思っていまし、そこもサポートできたらなと思ってます。
しかしながら、私の知る限り唯一「勝手に宣伝した」という点で自分のもってるキャラクターを売り込むというプロ意識を持った人、という点でマタドールさんをサポートする判断となりました。またそのような人であれば今後一緒に活動を支えることで(何ができるかは未定ですが)お互いメリットがつくれるのではないか?と考えてます。

スポンサーって言うのは「善意でサポートしてくれる人」ではなく「メリットを示してリターン勝ち取る相手」と考えればいいのでは?

またスポンサーに限らず商売や人間関係もそうで価値と価値との交換が等価に持っていけば、自身の欲しいもの、商売であれば仕事や売り上げ、人間関係なんかは信頼とか良き友人とか得られるんじゃないでしょうか?

エウレカセブンの
ねだるな勝ち取れさすればあたえられん
って事ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA