続・ゲーセンに遠征しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファンタジスタ店長です。

前回に引き続き遠征についてです。今回はどうすればより遠征を楽しめるかなどについて書いてみたいと思います。

遠征の目的をはっきりさせる

お前は何を当たり前の事を言ってるんだ、と思われるかも知れませんけど、改めて考えてみると大事なことです。

たとえば、有名な強い人と対戦したい!と言う目的で、大きな大会のある日に遠征してしまったらどうでしょう。あまりの人の多さに目的のプレイヤーとはおろか誰かと対戦するのさえも難しいかも知れません。

大会に出るのが目的なのか、有名な人と対戦したいのか、地元のプレイヤーと交流したいのか。

そのあたりを区別して遠征計画を立ててみると良いと思います。

日帰りはNG?

大会が目的であれば日帰りでの遠征ももちろんGOODですが、交流が目的なら出来れば泊まりでの遠征を計画したいところです。

せっかく交通費を払って遠征してるんですから、その分元を取るためって言うのもありますが、ゲーセン閉店後のトークの楽しさは他ではなかなか味わえませんし、食事をする機会が増えればそれだけ地元民オススメのお店に連れて行ってもらえるでしょう。

たかがゲーセン遠征ですが、旅行気分でお泊りするのが吉!ゲーセンに人が増える時間までは観光しても良いですしね。

SNSを活用しよう

ツイッターをはじめとしたSNSは非常に便利です。少し前ならしたらばの地方BBSなども便利でしたね。こういったツールを上手く使えば、初めての場所で知り合いがいなくても楽しい遠征にすることが出来ます。

もしまだ自分が初心者で・・・と遠征に躊躇してるなら、初心者講習会やフリープレイを積極的に開催しているお店のアカウント、またそのイベントを告知しているプレイヤーのアカウントや恋姫プロに話しかけてみましょう。きっと温かく迎えてくれます。

動画を公開してるお店なら、動画も参考にしてみると良いでしょう。お店やプレイヤーの雰囲気が感じられる事も多いです。

遠征が地方ゲーセンを救う

地方になるほどプレイヤーは普段対戦出来ない相手を求めています。

遠征が一人来てくれるだけで、全国大会予選を開催したのと同じような経済効果がゲーセンにもたらされる事も少なくありません。地方のゲーセン活性化に遠征は効果絶大です!

なので前述したようにお泊りでの遠征ならなおよし!長時間滞在でゲーセンにお金を落とすだけじゃなく、多くのプレイヤーと交流を深めることが出来ますしね。

さらに遠征は地元に帰ってからのモチベーションの維持に役立ちます。対戦で負け越したので次はリベンジしたい、次はもっと成長した自分を見せたい、と言うだけでなく、遠く離れた地で同じゲームを楽しんでる人がいることがゲームを続ける気持ちの支えになってくれるはず。

ファンタジスタは救われた!

39860024

なぜかファンタジスタは開店当時から多くの遠征者が訪れてくれてます。全一クラスのプレイヤーが遠征に来てくれたことも少なくありません。あの「アールの部屋」の遠征企画でも第1弾として選ばれました。

さらに不思議なことに遠征者の多くがリピーターになってくれてます。地元プレイヤーが遠征者を暖かく迎えてくれているからと言う部分が大きいですが、お店を経営する側としては本当に嬉しいことです。

来てくれた人に「楽しかった」と感じて欲しいのは、お店も地元プレイヤーも同じ気持ちです。遠征に来てくれるのを当たり前と思わず、毎回出来る限りのおもてなしをしたいと思ってます!

地方ゲーセンを救うため、あなたも遠征しませんか!

 

 

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。