ファンタジスタ電撃祭2015を終えて その1

ファンタジスタ店長です。

2015年9月21日に開催したファンタジスタ電撃祭は大盛況のまま幕を閉じることが出来ました!

今回のイベントを振り返ってみたいと思います。

CPXB2rdUYAA7EJP

開催決定と告知

シルバーウィークに「電撃とセイヴァーの2タイトルで大きいイベントやりたい」って言うのは春先くらいから相談してきてました。でもセイヴァーは全国規模のイベントの開催が定期的にあるため、他所での開催情報を見てからの判断が必要でした。今回はやはりJMDの開催がありましたので、電撃1タイトルでの開催に前向きに動いていました。

FCIが稼動を始めて1週間ほど経過した頃にはシルバーウィークでの電撃イベントの開催を内部で確定させ、レディース大会、3on3、東西戦SPと言うプログラムが決まったお盆前にイベント開催の告知を開始。電撃FCI稼動からほぼ2週間の早めの告知が出来ました。

早めの告知は他店舗がイベントを検討する上で必要な情報です。シルバーウィークともなれば各地で電撃のイベントも開催される事は目に見えてましたので、告知タイミングとしてはギリギリ間に合ったかな?と言う思いです。

CPXMFZ5UYAE75z6

遠征予告と浮かび上がる問題点

岡山勢の積極的な告知、今まで積み上げてきた交流などもあり、関東、関西、九州等から続々と「この機会にジスタに行きたい」と言う声が聞こえてきました。

想定してたタイムスケジュールでは東西戦SPを閉店までかかると見込んでいました。と言うことは当然東西戦SPに参加するには閉店時間まで店にとどまる必要があり、現地での宿泊が必須となります。

今までも遠征者の宿泊用にプレハブを開放したり、向かいのカラオケを利用してもらったりして何とかして来ましたが、ツイッターから見えてくる今回の遠征希望者の数はこちらの想定を遥かに超えており、遠征者の宿泊について何らかの手を打たなくてはならなくなりました。

神ホテル「セントイン倉敷」との交渉

ファンタジスタの向かいにはホテル「セントイン倉敷」があります。36畳の和室大広間の確保と言うミッションで、シルバーウィークでの団体宿泊の交渉に向かいました。この交渉が電撃祭の成功の鍵を握っているのは明らかでした。

ところがイベントの前日である9月20日にはすでに宴会の予約が入ってたため20日の宿泊は難しいのでは、と言うのが最初に伝えられた話でしたが、「雑魚寝で構わない。寝具はいらない。食事もいらない」と交渉した結果、9月20日の夜から22日の朝までの貸切が可能になり、しかもこちらが希望を出していた「大浴場の利用時間の延長」も快く受けてくれました!これで遠征者を受け入れることが出来る!

セントイン倉敷の対応が神だったのは「こうすると安くなりますよ」と言う提案をホテル側からしてくれたこと。さらに、本来存在しないサービスである、タオルのみのレンタルをホテル側の利益なしで用意してくれたことです!

COhdM5jWoAAJDft COherTmWwAAxWhc

見えてきた成功の形=電撃修学旅行

大広間の貸切、お風呂の確保が出来た時点で遠征者を30名は受け入れることが出来る見込みになり、twiplaで「電撃祭 ホテル貸し切りプラン」と称して参加者を募ったところ、最終的に40名を超える参加希望が集まりました。

それに加え、地元勢にもホテルを利用してもらって遠征勢との交流をして欲しいと言う考えもあり、応じてくれた地元勢の数も増えてきた事でで今回のイベントの成功を確信出来ました。一緒にお風呂に入り、ホテルでの交流をしてもらえれば「修学旅行」のような楽しさを感じてもらえるに違いないと。

日本全国から集まる電撃プレイヤーの交流に少しでも役立てばとホテルの利用者に名札を配ったのも正解でしたし、利用者のほうでプチ飲み会、打ち上げなど企画してもらえたのもとてもありがたかったです。

ただ、いくらかの部分で伝達できなかった事があり、次回に繋げるために反省すべき点もいくつかあったかなと思います。それでもホテル側から「またご利用下さい」と言われたことは、みんながマナーを守ってホテルを利用してくれたことを証明しています!

CPcS9vLUkAAAvVS CPcTDCLUEAAK_6DCPcSzfuUAAAIUgqCPcS0YqUsAAqT7FCPcS1JhUwAE1GEMCPcS1vBUAAAohEs

おにが島の襲来

かなり早い時点で、「にが、ジン、SAT」と言う全国トップレベルの関東勢が遠征を表明してくれたことが、イベントの成功にも繋がったのは間違いありません。

SATさんは以前に一人でファンタジスタに遊びに来てくれたことがありましたが、こんな形で2度目の遠征をしてくれるなんて、本当に嬉しく思いました!

「1度は対戦してみたい」と電撃プレイヤーの誰もに思わせるメンバーの参加表明は心強かったです。

岡山にやってきた「鬼」を倒せる桃太郎は果たして現れたのか!?

CPfxBWHUsAAC0PJ

懸念材料は女子力最強決定戦?

岡山には全国に誇るレディースプレイヤーがいます。特に殺意のKazaneと、静雄厨の南部の二人は男性プレイヤーにも引けを取らない強さと技術を持ち、全国に出しても恥ずかしくない実力の持ち主。

今回レディース大会にどれだけ遠征が来てくれるか、と言う部分だけは読めず、最悪2人での開催も覚悟していました。最悪女装プレイヤーを受け入れるか、と言う話まで出ていましたが・・・蓋を開けてみるまでわからないこの「女子力最強決定戦」は運営側にとって数少ない心配事の1つではありました。

でも岡山の誇るこの2名の実力を全国のプレイヤーに見せたい、と言う想いの方が強かったかな。

CPbhtqbUkAABmkL

(中央はKazaneではありません)

 

ハンバーガーショップ「まぁさん屋」

コスプレ勢は昼食をとるために外に出かけることが出来ないのも事前にわかっていたことなので、テイクアウトや宅配での昼食をどのようにすべきか、と言うのも検討していました。

あるプレイヤーがたまたま教えてくれてたハンバーガーショップ「まぁさん屋」の存在を思い出して、直接店に交渉に行き、大量のテイクアウトの準備をしてもらいました。

ご当地バーガー「玉島バーガー」と言うメニューもあり、コスプレ勢だけではなく遠征勢からもたくさんの注文を受け、最終的には50個以上のハンバーガーをテイクアウト。注文を受けてから受け渡しまで、みんなの協力でやってもらい、おかげでおいしい昼食を取れたのではないかと思います。

まぁさん屋はイベントへの屋台出店もしてるそうなので、次はその交渉をしてみるのもアリかな?出来立てのパリパリバーガーの方がおいしいのは間違いないですからね!

CPVE_mTUcAATrmg CPe4Qo3UAAA9_jW CPdZRZpUEAExq2V

大会結果とコスプレ写真は次回!

と言うことで、今回の記事はここまで。

大会の結果報告、コスプレやホテルでの写真集はまた次回の更新で。お楽しみに!