最大反撃が無駄にピンチなので色々発言していこうと思う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日こんなことがありました。

企業絡みの企画で、あるゲーマーに仕事を依頼し二つ返事でOKをいただき、企業側にも快諾してもらったことを伝え、ゲーマー側の提案も企業に聞いてもらえるよう手配して話を進めていました。

ところが、承諾から数日後、そのゲーマーからこのようなことを言われました。

「申し訳ないんですが、いろんなとこからムラタ式とゲムるやん関わるなと言われてまして今回はやめさせてください」

evopvの余波がここまで影響していることにショックを受けました。その企業さんには一度決まった話として予算とスケジュールも押さえてもらっていたのでひたすら謝り倒しました。

「いろんなところ」というのがどこかなのか聞いてみると、良識があってフラットな判断されている方であったり、こちらが敬意を持っているところだったりしたのでさらにショックでした。

ムラタ式最大反撃というプロジェクトを進めるにあたって、ブログ読者さんはご承知の通り平坦ではない道を歩んでまいりました。その中で根拠のない噂などを流される事もありました。反論する事もできましたが、なるべく騒ぎを小さくするべく黙っていました。またネガティブな感情に付き合うよりポジティブに向かっていた方が良いとも判断し対応しないようにしておりました。それがいけなかったのか、噂をもとに悪く持たれていたイメージに重なるようにevo pvの件があったため、ムラタ式の悪いイメージが増長されたのだと思います。

このところ、こういったネガティブな面が目立っていますが、計画段階でまだ詳しくお伝えできないポジティブなお話も複数抱えております。しかし、その関係のところにまで悪影響が出始めていると感じ、間違った噂、誤解に対する回答を発信していくことも必要かも知れないと考えるようになりました。

ゲーム関係者、プレイヤーの中にはこっそり手を差し伸べてくれる人もいらっしゃるんですが、そういった応援する気持ちを持って下さっている方が「ムラタ式」や「最大反撃」という単語を出すことが心苦しくなるような状況も改善したいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。