ゲーセンに遠征しよう!

久しぶりのファンタジスタ店長です。

2015年シルバーウィーク目前。今年はファンタジスタ電撃祭と銘打って1日まるまる電撃FCIのイベントを開催します。

電撃FCI稼動から2週間経った頃と言う早めの告知と、今までの草の根活動が功を奏したのか、まさにお祭りと言える面子が遠征を表明してくださいました。

ゲーセンを楽しむなら遠征は外せない!ということで今回は遠征について書いてみたいと思います。

続きを読む

原点に戻ろう。最大反撃プロジェクトを

ご無沙汰しています。最大反撃仮面です。

気がつけばもう一年を過ぎて最大反撃の活動をやってまいりました。この一年あっという間で、トラブルや苦労もたくさんありました。一部はみなさまにも伝わってるとは思いますが、その一部の先に本当にいろんなことがありました。

続きを読む

ムラタ式最大反撃 販売ページ

10本

数量:

ムラタ式最大反撃のご購入ページになります。

ムラタ式最大反撃とは普段使ってるアイテムをゲームシーン支援するドリンクにシフトすることで格闘ゲーマー一人一人がゲームを支援する手段を手に入れるために作成いたしました。

売上の1/3をゲーム団体、大会、ゲーマー支援に使用させていただきます。

■効能・効果■
滋養強壮、虚弱体質、
肉体疲労・病中病後・胃腸障害・
栄養障害・発熱性消耗性疾患
妊娠授乳期などの場合の栄養補給

■成分・分量 1日量(100ml)中■
チアミン塩化物塩酸塩・・・10mg
リボフラビン・・・・・・・ 2mg
ピリドキシン塩酸塩・・・・10mg
ニコチン酸アミド・・・・・20mg
無水カフェイン・・・・・・50mg
タウリン・・・・・・・・・3,000mg
日本製・医薬部外品

ムラタ式最大反撃10本入り

販売価格3240円

送料840円(一律 離島及び北海道や沖縄については相談させてください)

※オフ会などの際は支援といたしまして何かさせていただきますのでご連絡ください

※特定商取引法による表示について。個人の情報になりますのでお取引の方にのみ必要がある場合にのみご連絡差し上げます

evo pv 大阪のについて謝罪と説明と感謝

evo のパブリックビューイングとして執り行ったイベントでお騒がせしており大変申し訳ございません。

このような騒ぎになった事で気分を害された方を生み出した事はイベント運営に関わった私の力不足であり責任であると痛感いたしております。申し訳ありません。

 

私からの経緯意図や細かな状況説明する事がまずは果たすべき責任であると考えご説明差し上げます。

騒動の経緯(※加筆)

「EVOパブリックビューイングinOSAKA!」と銘打ったニコニコの配信を行いました。その中でユーザーのがもとめている「EVO パブリックビューイング」とは離れた配信をし、そのこちらの目指す配信の意図をうまく伝えられなかった中で、事実に基づかない情報(evo pv会場なのにevoが見れない)と満足させられていない点などが拡散され騒動に発展しました。

 

evoパブリックビューイングosaka運営について

ゲムるやんを主とし最大反撃がサポートいたしました。

サポート内容につきましては企画、会場準備、出演者交渉、東京会場とのすり合わせでした。

 

企画意図について

ゲムるやんのコンセプトとして「既存の格闘ゲームのお客さん」ではなく「実況者ファン」等の違うシーンに対して「格ゲーってよくない?」と提案するという意図があり、私もそれに賛同して協力してまいりました。

今回のPVにおいては「既存の格闘ゲーマー」と「実況者ファン」ともにゆるく楽しめる雰囲気と環境作りを目指しました。その中で、例えば「あるゲームのトーナメントの時間帯は休む人」であったり逆に「すべて見たい人」にとっても楽しめるまた特に意識したのが「一つのゲームだけはファンだけど折角だからいろんな楽しみしてみたい」という人に対しての提案として施設にある「ボーリング」や「ダーツ」「ゲームできる環境」「漫画喫茶」そして「実況」選択肢を設けました。

反省点でまとめますが、これが欲張り過ぎであったかと考えております。

もちろんメインはPVですので「PVをできる環境の中で他にも楽しめる複数選択肢を用意した」

つまり、主をPVとしその他もあるよという事を用意したかったという意図です。

ゆるくお酒を楽しみながらevoにも興味を持ってもらって尚且つ楽しんでもらえそうな事も用意するということで

特に、詳しくないお客さんが多く来られることも予想できたので「詳しくなくてもたのしいよ、感動するよ」という形をみてもらうことが目的でした

出演者選定の意図に関して

今回 ふぁんきぃ towako ガリレオ 三氏に出演をお願いした意図はふぁんきぃ氏はゲムるやんのメインパーソナリティでメインの格ゲーに触ったくらいの盛り上げ役と共感役、towaco氏に関しては知らなくても楽しめるという視点での誘導役、そして実況者である両氏は「実況ファンも格ゲーに興味もってもらう」アイコンとしてお願いしました。

 

またガリレオ氏に関しては「格ゲーを楽しんで見て呑んでくれる方」つまり実況ではなく「楽しむお手本」のような意図でお招きしました。私感ではありますがガリレオ氏のゲームの楽しみ方がすごく素敵な楽しみ方をするなと思っていて特にウル4GFでのガリレオ氏の感動の様はこちらの感動も増幅してくれるようなやはり最高の楽しみ方されてるなと思いました。具体的なオファーとしては「飲みながら中のいい日本勢を応援するガリレオ君がみたい」

 

施設について

http://saidaipro.com/?p=709

こちらで触れておりますが意図とともに説明します。

また誤解がありますので端的に説明すると会場では実況1用スクリーン1が1つ EVOを見るように3つのスクリーンがありました

1、ソファー席とスクリーン

長丁場のイベントですので全試合を見る方であったり多くをゆっくり見たい方のためにスクリーンの前にソファーを設置しゆったりとしたスペースを用意しました。またスクリーンでは全試合放映いたしました。

2、バーカウンター

事前の打ち合わせにて実績としてお客さんが一番見るモニターはどれか聞いたところ、バーカウンターの大モニターが一番疲れにくく結局このモニターを見る、また疲れにくいとの事なので必ず全試合こちらに写すことを意識しました。

3、実況スクリーン

実況席とも相まって一番目立つものとなりました。バーカウンター、ソファー席とは方向が違うので「実況ファン」との住み分けを意識しました。

4、ミニモニター

バーカウンター反対側に位置し、ゲーム機につなげて遊べるようにしました。

 

この4っつのモニターで一つ自分の好きなものを選ぶと他のものとはバッティングしない遊び方をできるようにしました。つまり四角の辺に「ゆったり勢」「飲みながら勢」「実況勢」「対戦勢」と別れる形で各々の楽しみ方をしてもらうようにしました。

 

配信企画の意図について

「マイクラ」「シレン」の放送をした意図

実況のお客さんをたのしませるため。我々には格ゲーに慣れてないお客さんに対して15時間もの長丁場を楽しませる自信が無かったので実況で定番なものを使いました。

また、ただゲームをするだけでなく(少なくとも私が提案した段階では)日本勢応援のメッセージを込めた何かをする、例えばゲームで神社にお参りする等、evo日本勢に実況ファンの興味を持っていけるような導線作りを目指しておりました。後述の問題点でもあげますが、企画意図の周知努力が足りなかったと思います。

evoを楽しむ箸休めの一つとして

前述いたしましたが会場では主としてevoの様子を放映いたしておりました。その中で箸休めコンテンツとして例えばボウリングやダーツで遊ぶのと同じ箸休めの一つとして提案するつもりでありました。

問題点で後述しますが「主と従」の線引きが表現においてなされていなかったのが悪かったです。

「ふぁんきぃ」について

第三者が確認できることを二つだけあげてから私の感想を申し上げます。

・PV終了後退場の際一番に入り口に駆けつけてお客さんに挨拶していました。

・締めの挨拶で一番深く頭を下げ続けていました。

彼の特性があまり受け入れられ難かったのと「きびしいツッコミ役」の不在で不快に思われた方もいたかもしれないな、実況コミュのノリは格ゲーと合わないかなと思いました。しかし場を盛り上げるために人一倍努力してくれ感謝と敬意は持ってたとも見えました。あとげっぷは持病らしいです。とはいえ不快ですが。

配信と企画スケジュールについて

スマブラやアルカプについて見ていないというお話がありますが、会場ではがっつり見てる方がいました。私もその輪に入れてもらい「フォックスつよいの!?」とか「プリンやばくね!?」とか一緒に盛り上がらせてもらいました。

何々のゲームであるからというわけでは無く、実況のスケジュールは「実況ファン」が見やすかろう未成年の方も来れる時間帯(とはいえ早朝ですが)に持ってきました。つづいておそらく見ていてわかりやすい部類のウル4を見ていただければと思いました。

 

反省点 問題点

伝える努力、告知の不足

「そもそもどのような目的でやるのか?」「誰向けか?」といったことが事前に告知されずまた、告知されていたとしても届ける努力に欠いており来てくれた方の期待に答えられていない部分がありました。

私としてはしっかりと告知をやりきってもらえるように動かせず力不足でした。

表現の問題「主と従」を明確に

今回の騒動の発端は配信ページがevoPV(主)の中の企画の一つ(従)であるはずなのにも関わらず、evoPV大阪のメインイベントであるように表現していたことで、「主と従」を明確にするということをきちんと線引きしましょうと運営内部では口うるさく言っていたのですがコントロールしきれませんでした。

「evoで活躍する日本勢を応援するPVにおいて応援企画をして興味を大きくしてさらに大きな応援をする」という文脈が果たされなかったのは非常に後悔しています、そしてそれが今回のトラブルの原因だと思います。

「evo pvにきたゲムるやんの出張版でevo 応援マイクラをサブでするよ」という文脈のタイトルであれば理解されやすかったかと思います。

スケジュール表についても「裏で実況企画やってるよ」という表記であればよかったと思います。

格ゲータイトルに対する盛り上げ方

PVの特徴として盛り上がりの一体感があると思いますが、そこに後押しするのが「盛り上がりどころを抑えて盛り上げてくれる人」だと思います。そこに対して、ある程度自然に盛り上がるであろうと踏んでその人を用意しなかった点、また用意できなかった実力に後悔してます。

独りよがりな配信が見られたこと

本来楽しんでもらうべきコンテンツの提供においてそうではないところが複数回見受けられ都度注意、ミーティングをいたしました。

お客さんとのコミュニケーション

私個人でもっとできたかなと思ったののですが、もっといろんな方と話をしたり乾杯できたらよかったです。そうすれば不満点の組み上げ対応もできましたと感じてます。現にやはり声をかけた時に空調の調整や質問などいただいたのでこちらからアグレッシブに対応すべきだったと悔やんでいます。発端となりましたのはやはりお客さんの不満点でしたので早くに組み上げられなかったのが悔やまれます

騒動に対する対応について

結果行った行動だけで正しかったかどうかわかりませんが、evo pv 大阪についての悪評が出た時に私にはいらっしゃってるお客さんに対して気分よく楽しんでもらう努力しかできませんでした。というのも事実ではないことが多く含まれていて発言することで火に油を注ぐと予想され、でしたら目の前に居てらっしゃる方々に楽しんでもらうしかないなとおもったからです。そしてある放置したことと運営側がストリームで思慮に欠けるに発言したことで結果この度の騒動になったと思います。

想定の甘さ(※加筆)

普段の配信では多くないファン数での配信であったので半ばクローズコミュニティーにも近かったと今では思うのですがevoというイベント性においていきなり小さな存在が大海に出てしまうことになった、そしてそれが注目を浴びてしまったことに対して対応する技量がありませんでした。

 

反省まとめ

まず、企画意図に基づいた配信タイトルを設定すべきでした。次に企画周知のための努力不足でした。

「evoパブリックビューイング」と「サッカーのパブリックビューイングなど」に求められているものの違いを認識できていませんでした。この点がクリティカルな部分だと思います。申し訳ありません。

最後に

拙く思いつく限り説明すべきことを羅列いたしましたが、疑問点などございましたら、随時お答えしていく所存です。

この度はお騒がせして申し訳ありません。

できることで未然に防げたにもかかわらず力足らずでした。

 

また会場に最後までいらしてくれて優しい言葉をかけてくれたみなさん、ほんまにありがとうございました。

おそらく50人くらい最後までいたのかな?(ムラタ式を40本配布して足りなかったので)

そしてこんな騒動になって「またムラタか」と言いながら、フラットに判断しようとしてくれるみなさん。いつもありがとうございます。そして申し訳ありません。一つ一つを糧にしながら大きいことはできませんが前は向いていようと思います。

願わくば会場にいらした方の楽しんでくれた声が届けばと。

ここがすごいよEVO PV 大阪

EVO日本人選手がんばれ!

ってなわけで僕らのオリンピックとも言えるevo2015の開幕が近づいております。

 

ゲムるやん、指喧、最大反撃のチームもみんなを盛り上げるべくパブリックビューイングを用意させてもらいましたが、こんな感じでやりますよってのをもっと具体的に

 

ここがすごいよ 施設編

会場は茨木市駅から徒歩3分のスポーツバスター茨木点店様で行います。

バーカウンターとソファー席の近くのスクリーンはevo映しっぱなし

evopv スポーツバスター様

カウンターの中に大画面モニターが二台店内どこからでも見えます

普段はゴルフシュミレーターですが当日はゆったりソファー席から見れるスクリーンになります

普段はゴルフシュミレーターですが当日はゆったりソファー席から見れるスクリーンになります

他のイベントしてたらevoみれないんじゃ? いえいえそんなことありません、いろんな遊びがあるのでいっぱい楽しんでいってください

 

大画面スクリーンでは人気実況者のゲーム実況とかのストリーム席になるよ

IMG_3518

evo日本勢応援企画のゲーム実況や飛び入りで一緒にevo見ながら騒いだりしながら生放送するかも!

ボーリングとダーツもできるよ!

1ゲーム1ゲーム靴のレンタル代含めて600円

1ゲーム1ゲーム靴のレンタル代含めて600円

 

「格ゲーでは負けたけどボーリングガチ勢の力見せてやるよ」って人にぴったり!

ゲームができるモニターもあります

IMG_3458画面奥のモニター5台をゲームができるように解放します

 

企画もすごいぞ

23984 pv_sche

有名実況者の夜ゲームプレイとトーク

人気実況者 ふぁんきぃ & towakoのいろいろやります企画!

実況者さんってこんなおもろいんやってのが見れるかも?

 

セカチャンのガリレオさんと格ゲー見ながらお酒を飲もう!!

ブレイブルーの世界チャンピオンのガリレオ選手があまり知らないゲームでも応援するとおもしろいぞということを体現してくれるはず!一緒に盟友のどぐら選手のギルティギアのプレイを応援しよう!

因縁の対決勃発!三太郎vsルフィを観戦

矛 vs 盾

「世界一のローズ使い ルフィ」 vs「世界一ローズ対策している サガット」

指喧メンバーの壮絶な戦いの結果は!?

会場の元気は残っているのか!?

朝から来てもいいのよ!

ウル4だけ見たい人 ゲーム実況が見たい人 未成年の方 夜中しんどいかた!

大丈夫!朝からでも入場可能です!

夜中からは2500円1ドリンク付きですが、朝からなら2000円1ドリンク付きになります!

 

「初めてだし、長い時間は不安、、」

という方はこちらを考えてみてはいかがでしょう?

 

特典がすごいよ!

予約特典: ムラタ式最大反撃とゲムルヤンバッヂ

先着順にびっくりプレゼント!

スペシャルカクテル購入者ファンキィバッジに「すぐ別れるアベック缶バッヂ」プレゼント

協賛がすごいよ

すごすぎてまだ発表できません!乞うご期待!

というわけで

楽しく遊べるスペースを作るので皆さんぜひ遊びに来てください

当日入場OKですができれば予約いただけると助かります

予約フォーム

◆EVO2015 PV in OSAKA 開催概要
会場:スポーツバスター茨木店
大阪府茨木市永代町6-2 スポーツプラザ茨木2F
日時:2015年7月19日(日)22:00〜7月20日(月)EVO最終日終了まで
入場料:当日:2500円 20日6時行こう2000円
再入場無料(入り口でスタンプなどわかるようにします)

 

◆注意事項
・18歳未満の方は20日6時以降のみご入場可能とさせていただきます。
・会場内では撮影及び配信が行われる可能性があります。また、その際に撮影したものは告知・報告のために公開される可能性があることをご了承ください。
・会場内で起きた盗難・事故について主催者側は責任を負いかねますので、お手回り品及び体調の管理にはくれぐれもご注意下さい。
・会場が満員となった場合、入場をお断りする可能性があることをご了承ください。
・近隣の方のご迷惑となりますので、会場周辺にたむろする行為はご遠慮ください。
・イベントについてのお問い合わせはゲムるやんTwitter(@game_yaruyan)か、eメール:gameruyan[at]gmail.com まで

 

 

EVO】何故マタドールにサポートしたか

EVO2015開催が目前に迫っております。
小出しに最大反撃プロジェクトのツイッターでは告知しておりましたが去年に引き続き、選手をサポートいたしました。
その人は鉄拳プレイヤーのマタドールさんです。

鉄拳というゲームコミュニティーの特性として他のゲームと交わらない人が多いので知らない方もいると思うのですが、鉄拳のプレイヤーのトップクラスの方です。
彼をサポートすると決めてから、彼とコントのような事をしたり、はたまた本気で挑んでみたりとプロモーションをしましたが何故彼をサポートしたかを書きます。
※マタドール対ムラタ式10先とまとめ参照

特別な理由ではない。

何故彼をサポートしたか。

それは彼が鉄拳が強いからか?

立ち回りがヒールだからか?

脅されたからか? 笑

最大反撃仮面が鉄拳が好きだからか?
どれも十分な条件ではありません。
では何を持って判断したかという事ですが
答えは「マタドールがムラタ式を勝手に宣伝したから」

です。
もう少し噛み砕いて説明していきます。
マタドール選手は去年のEVOにどぐら選手にサポートしたムラタ式を見て
「ムラタ式さーんマタドールのシャツ真っ白ですよー!」
等の、ツイートを事あるごとにしていました。

そしてムラタ式をお勧めすべく「疲れたこんな日はムラタ式飲んで元気出すかー」(飲んでないけど 笑)とツイートしたり
自身のツイッターを告知媒体として活用してました。これはつまり「自分の媒体力をもってムラタ式にメリットを示した上で、自分の欲しいメリット(サポート)と交換しよう」というアピールでした。
この行動は最大反撃サイドからすると「マタドールにサポートするとちゃんと宣伝してくれる人なんだな」ということが明確にわかったという事です。

スポンサーを受ける場合の第一義はスポンサーを宣伝する事というのは他のスポーツでは当たり前のことで、わかりやすいのはスノボの板なんかは勝ったら絶対アピールしますよね。
それを果たせる人間かどうかまずそこが大事だと思います。
その上で、ストリーミングの試聴数、ツイッターのフォロー数等広告媒体としての効果を考えます。
強さ弱さという価値基準は「それによって広告効果が生み出されるか?」のものさしではありません。
例えばゲームが弱くてもなんだか面白くてニコ生の試聴数が毎回1万超えてツイッターのフォロワーが10万人位いたらお仕事お願いする価値はあります。
はっきり言うとマタドールさんの広告効果は判断には満たない物です。もっと有名になればええなと思っていまし、そこもサポートできたらなと思ってます。
しかしながら、私の知る限り唯一「勝手に宣伝した」という点で自分のもってるキャラクターを売り込むというプロ意識を持った人、という点でマタドールさんをサポートする判断となりました。またそのような人であれば今後一緒に活動を支えることで(何ができるかは未定ですが)お互いメリットがつくれるのではないか?と考えてます。

スポンサーって言うのは「善意でサポートしてくれる人」ではなく「メリットを示してリターン勝ち取る相手」と考えればいいのでは?

またスポンサーに限らず商売や人間関係もそうで価値と価値との交換が等価に持っていけば、自身の欲しいもの、商売であれば仕事や売り上げ、人間関係なんかは信頼とか良き友人とか得られるんじゃないでしょうか?

エウレカセブンの
ねだるな勝ち取れさすればあたえられん
って事ですね。

【EVO PV】EVOのパブリックビューイングどんなもんなん?についての記事

 

 

 

 

EVOパブリックビューイングするぞするぞ!

とい言いましてもEVOってなんですの?

パブリックビューイングってなんですの?なにしますの?って方もいらっしゃると思いますのでこんなこと知りたいかな?ということを書いていこうかと思います。

evoとは!?

EVOとは、1995年よりアメリカで開催されている、アメリカ最大級の格闘ゲーム大会のことである。 大会が始まった1995年はニューヨークにて行われた。 使用タイトルはスーパーストリートファイターII Turboで、参加者はわずか40人ほどだったという。 その後会場をラスベガスに移すと共に参加者数が倍々ゲームのように増えていき、2009年には1,000人を、そして2010年のスパIV部門では1,800人を突破、名実共に世界クラスの大会と位置づけられるまでに成長している。

EVOとは (エボとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

パブリックビューイングとは?

パブリックビューイング(: public viewing)は、スポーツ競技において、スタジアムや街頭などにある大型の映像装置を利用して観戦を行うイベントのことである。主にオリンピックFIFAワールドカッププロ野球のリーグ戦終盤やポストシーズン、プロボクシング世界戦で選手の地元向けなどに行われる。

街頭テレビのように、会場が無料開放される場合もあれば、映画館などで入場料を支払う場合もある。

wiki パブリックビューイング

 

だそうです。

で、結局なんなん?

evo パブリックビューイング in OSAKAとは

ラスベガスの格ゲーの大会をみんなでワイワイ飲んだり食べたりしながら、ちょっとした企画もしーの楽しもうやないか!という企画です。

 

格ゲーだけなん?

実はこの企画の大阪チームは、最大反撃プロジェクトと格闘ゲームや格闘ゲーマーの面白さをいろんな人に伝えたい!という関西ゲーマーバラエティの「ゲムルやん」とのタッグでお送りいたします。

今回のメインMC ふぁんきぃさんとtowakoさんはゲーム実況者として有名ですので「日本勢必勝祈願」で何か格ゲーじゃないゲームにもチャレンジしてもらいます!

みるだけなん?

誰かがゲームやってるとこ見てたらやりたくなりますよね!

モニターとps3を用意しますので当日はアケコンとソフトの持ち込み歓迎です!

もしかするとボウリングもできるかも!?

スクリーンショット 2015-07-14 03.08.51

 

誰が主催なん?

  • 関西面白ゲーマーバラエティ ゲムるやん ニコ生チャンネルページ
  • 全国のtopプレイヤーが集まる格ゲー番組 指喧 yubiken 指喧HP
  • そして 最大反撃プロジェクト!

です!

どこでやるのん?

ボウリングもできちゃう!?スポーツバスター茨木店さんで行います!

併設したコミックバスターさんという漫画喫茶もありますのでつかれた方や、みたい時間までの休憩もすぐ隣でご利用いただけます(料金別途必要)

バーカウンターがドーンとあってアルコール類や飲食も可能ですのでがっつりまったり楽しめます

20150627_5292

お値段とか予約とかどうしたらいいのん?

お値段:一律2500円(1ドリンク付き)

予約特典:ゲムるやんオリジナル缶バッヂ と 長丁場乗り切るために希望者にはムラタ式最大反撃

予約はこちらから。特典には限りがあるのでお早めに!

予約フォーム

まとめ

◆EVO2015 PV in OSAKA 開催概要
会場:スポーツバスター茨木店
大阪府茨木市永代町6-2 スポーツプラザ茨木2F
日時:2015年7月19日(日)22:00〜7月20日(月)EVO最終日終了まで
入場料:当日:2500円
再入場無料(入り口でスタンプなどわかるようにします)

・最終日の決勝トーナメントをみんなで観戦するイベントです。
・会場ははスポーツバーなので、飲食メニューございます。
・PS3を何台か設置予定です。アケコンやゲームの持ち込みプレイ可です。
・進行MCとしてゲーム実況者のふぁんきぃ、towaco、ゲムるやんの狐々堂が参加します。
・ふぁんきぃ、towaco、によるゲーム実況での日本選手応援企画を行う予定です。
・各競技タイトルの解説ゲスト交渉中です。
決定済みゲスト;ガリレオ
(EVO側の最終日スケジュールが未発表のため、随時更新します)
・長時間のイベントです。過ごしやすい格好でお越しください。
・すぐ隣にインターネットカフェがございます。別料金でご利用いただけます。(シャワー設備アリ)

◆注意事項
・18歳未満の方は20日6時以降のみご入場可能とさせていただきます。
・会場内では撮影及び配信が行われる可能性があります。また、その際に撮影したものは告知・報告のために公開される可能性があることをご了承ください。
・会場内で起きた盗難・事故について主催者側は責任を負いかねますので、お手回り品及び体調の管理にはくれぐれもご注意下さい。
・会場が満員となった場合、入場をお断りする可能性があることをご了承ください。
・近隣の方のご迷惑となりますので、会場周辺にたむろする行為はご遠慮ください。
・イベントについてのお問い合わせはゲムるやんTwitter(@game_yaruyan)か、eメール:gameruyan[at]gmail.com まで

 

とりあえず思いついたことを色々と書きましたが補足記事を今後も発信できたらしたいと思ってます!